ロープの手品の種明かし

ロープマジックの種明かし|ステージや子供と一緒にもできる簡単手品

更新日:

ロープマジックの種明かしとやり方を紹介します。

このロープマジックは、とても簡単です。

大勢の人たちがいる ステージや子供と一緒にできるような簡単な手品です。

忘年会や宴会の余興に取り入れてみるのも、良いかと思います。

どちらかといえば、最後は種明かしをしながら、「みんなで一緒にやってみましょう!」、という演出で使ってみると良いかと 思います。

実際、私の手品教室を頼まれた場合、この簡単ロープマジックを取り入れたこともありました。

子どもたちも、結構楽しそうに覚えていました。

このロープマジックはMUSIC JAPAN(2012年6月17日放映)で、

マジシャンのマギー審司さんが、歌手のDAIGOさんと、元AKB48の前田敦子さんに教えていました。

ロープを1本用意します。紐でもかまいません。

相手の腕にロープを通します。

そして、腕の状態は、手のほうから取れてしまわないように、もう片方の手で抑えてしまうか、腰などに手を当てて、手の先から抜けないようにします。

ロープを上に持ち上げたり、下の方向に引っ張ったりして、外れないということを強調します。

 

そして、何気なくロープを数回、交差させます。

そして、交差させたときに、左手の親指で、右手で持っているロープ と同じ輪のところをひっかけます

 

左手は、ロープを親指で引っかけたところ以外は、手から外します。そして、一気に引っ張ると、

 

ロープは外れてしまいます。

 

スポンサーリンク

 

相手がいない場合でも、一人で足にかけるとできますよ。ロープの輪を作ったものを、ふとももにかけます。

 

そして、ひっぱってもロープは外れないことを強調します。

 

何度かクロスさせてから、

 

親指をかけます。(ここは、すばやく、そしてさりげなくかけます)

 

一気にひっぱるとロープは、外れますね。一番重要なことは、ロープをクロスさせたときに、親指をかけて一気に引くことです。

 

親指にロープをひっかけて、一気にロープを伸ばすときは、スピードが大切ですので、何度か試して ください。

少し太めの綿ロープのほうが使いやすいですが、持っていない場合は 普通の紐でもできるように、慣れておくと良いですね。

MUSIC JAPANに出演していた、DAIGOさん、「打ち上げで披露するつもりでやってみた」、という設定で行っていました。上手にできていましたよ。

練習する際には、どんなシチュエーションでこのマジックを披露するのか、想像しながら試してみるのも良いかと思います。

-ロープの手品の種明かし
-, , , , , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2019 All Rights Reserved.