トップ > プロフィール

 

あこがれのMr.マリックが教えてくれる
マジシャン養成スクール [ N-Academy ]

マジックショー管理人プロフィール
   

管理人名:週末マジシャン・バッザ

196○年生まれ。

 

私のページに興味をもっていただき

ありがとうございます。

 

私は子ども頃から、マジックが得意だったわけではなく

20代後半からマジックを始めました

 

今から約20年前に、書店で見かけた、

マジックの本 を数冊購入して、飲み会などで見せていたのです。

 

即席で覚えたマジックでしたので、

本当にしょぼい手品を飲みの席で見せていました。

 

すると、それがたまたま町内で講座を企画していた人の目にとまり、

手品の講師を依頼されたのです。

 

町内の講座でなんでもいいから、一コマを埋めなければならなかった

ようだったのです。

 

「いやいや、人に教えれるほどのマジックなんてできませんから」と

一度は断ったものの、

 

「他に人がいないから」という理由で、なかば無理やり

講師を引き受けることになったのです。

 

対象は一般の大人でした。

 

講座では、初歩的なマジックを見せました。

 

手品の講師っていうくらいだから、それなりに

できたんじゃないのって思ってますか?


手品の講師といっても、最終的には種明かしをしてやり方を教えている

のだから、「こんな手品がありますよ!」って程度なので、

実演の演技なんかは失敗しても、乗り切れてしまうもんなんです。

 

なので、それほどの盛り上がりもなく、

私としては、無事?にその講座を終えることができました。

 

これがマジックを始めるきっかけのとなったのです。

 

後日、口コミで「近所にマジックができる人がいる」と噂が広がり、

イベントや町内会、保育施設などから声がかかるようになりました。

 

でも、噂が先行しただけで非常に困っていました。

 

私は、よくある手品本で覚えた初歩的なマジックしかできなかったため、

噂と実力のギャップがとても離れていたのです

 

そのため、依頼した人も、さぞかし期待はれず

だったと思いました。

 

極めつけは、小学生が集まるクリスマスパーティー

マジックを依頼されたことでした。

 

子どもにマジックを見せようとした時、

「それ知ってる~!」と子どもに言われ、


あまりに緊張して、ハンカチから種を落としてしまったのです

そのときのマジックがこのハンカチーフマジック でした。

 

本当に致命的な大失敗をしたのです

 

すると、子どもたちからは「ほら!やっぱりなぁ~」

なんて言われて、大恥をかいたことがありました。

 

あのときのマジックショーはトラウマになるほど、

嫌な思いをしました。

 

そのくやしさがきっかけで本格的にマジックを身に付けようと

思ったのです。

 

当時は、まだインターネットがそれほど普及しては

いなかった頃です。

 

何からはじめて良いか全く分からずでした。

市販の本は数冊買ってはいたものの、ほとんどゼロからのスタートでした。

 

当時は、デパートのおもちゃ売り場に通い、

マジックの実演を見ては、マジックグッズなどを

購入するなどして、少しずつネタを増やしていきました。

 

マジックグッズを購入する際は、

「買わないとタネは分からないし、買ってもできなかったらお金が無駄になるだけだ」

と思い、1,500円くらいのネタ一つ購入するのにも、迷っていました。

 

無駄なお金も使い、失敗を繰り返してきました。

最初の頃に悩んだのは、マジックを見せても、

周りの人たちが、驚かずに、黙ってしまうことでした。

 

拍手がもらえないのです。

 

不思議なんだけど、相手を悩ませてしまい、単に不思議な現象を

見せているに過ぎなかったのです。

 

当時は、ただ単純に相手に種がバレないことがマジック

だと勘違いしていのです。

 

相手を楽しませる」、というエンターテイメント的な

視点が全くなかったのです。


あるとき、マジックショップ行き、

「マジックを見せても相手が黙ってしまい、拍手をもらえないんですよ」と

相談したところ、

 

「それはオチを用意していないからだよ」と

アドバイスされたこともありました。

 

ついでに、当時7,000円もするマジックの本

すすめられて、つい買ってしまったこともありました。

 

そのときは、何も分からず、騙されたという思いで購入しましたが、

その本は、貴重なバイブル的な本であると理解したのは

1年くらい経過してからでした。

 

マジックショップ通い、マジックバーに通い、セミナーなどにも参加し、

多くのネタやビデオ、DVDを購入してきました。

 

ようやくテーブルマジックで、トランプやコインなど、

それなりに見せることができるようになったのに、

約3年くらいかかりました。

 

腕を磨くために、飲み会や合コンでも頻繁に披露するようにしたのです。

多分、嫌がられていたかもしれません。

 

ただ、マジックを見せる経験が多くなると、どのネタがウケて、

どのネタが反応が悪いかなどが、肌で分かるようになってきました。

 

そして、口コミや知人からマジックを依頼されることも

多数ありました。

 

その場合、ほとんどは大人数前で披露する場面が多かったのです。

 

ここでも多くの悩みがありました。

 

テーブルマジックであれば、トランプやコインマジックで

数種類のマジックを披露することができるようにはなったのですが、

大人数向けのネタはそれほど多くはなかったのです。

 

依頼されるとなると、時間的には、およそ20~30分くらいで、

30人、50人、100人という人数の前で披露するという環境であったのです。

 

サラリーマンとして、その合間にマジックを披露するため

多くは週末を利用しての活動でした。

 

マジックを披露する前日は、毎回、夜中の3時くらいまでネタを選び、

練習し、披露するという生活を過ごしていま した。

 

ステージマジックでそれなりに見せることができる

ようになるまで、5年はかかりました。

 

おかげさまで、レストランやデパートのイベント、老人ホーム、保育園、

企業のパーティーなど、いろいろなところで経験をさせていただきました。

 

今でも、試行錯誤の繰り返しではありますが、

アマチュアでありながら、見せた相手には、

それなりに喜んでもらえるようになりました。

 

練習はもちろん継続していたのですが、

それ以上に、おそらく、マジックに対する考えが

変わっていったからだと思います。

 

それは、自分の技術やすごさを見せびらかせるような

いわゆる「自慢」のためのマジックをやめたことです。

 

あくまでも視点は、相手にあり相手がどう思うか

観客が楽しめているか?という視点で、

マジックを見せるようになったからだと思うのです。

 

本当のマジックとは、私にはまだ分からないですが

ただ、言えることは、自慢のマジックをやめて、

相手を楽しませることを視点に置くことによって、

好意的に見てくれる人が増えてきたということです。

 

このサイトでは、簡単なマジックを紹介しています。

ここでは、比較的一般的にも取り組みやすいマジックを紹介しています。

 

もちろん、私は、現在でもマジックを披露している側ですので、

やみくもに何でも種明かしをするつもりはありません

 

ここで種明かししているマジックは、主にテレビなどでも、プロマジシャンが

一般向けに、紹介したものを中心に公開しています。


ただ、ここで公開していても、まだまだこれらのマジックを知らない人が

たくさんいます。

 

実際に私がこのサイトにあるマジックを見せても、

多くの人が「はじめて知った」と言ってます。

 

今はインターネットが普及して本当に便利になりました。

私がマジックを始めた頃は、いったいどこで、どのようにして

マジックを覚えていけばよいのか、本当に分からず、悩みました。

 

ただ、今は便利になった反面、マジックという不思議さや秘密の度合いが

薄れてきてしまいました。


ただ、大切なことは、マジックは「タネ」という秘密を知っているから

「他の人とはちょっと違う存在である」とか「 選ばれた人間である」とは、

絶対に思わないことです


そんなマジシャンは嫌われて、二度とあなたのマジックを見たいとは

思わないでしょう。

これは、私自身が、戒律として守っていることです。

 

大切なことは、マジックは相手の楽しませるためにあるものです。

 

そして、有効なコミュニケーションツールの一つ

として使っていくことが重要です。

 

このサイトにあるマジックをきっかけに、

人を楽しませる喜びを感じ取っていただければと思います

 

そして、その喜びを少しでも感じ取ったら、

あたなもマジックの魅力にとりつかれ、どっぷりとこの不思議な世界に

ハマっていただければ幸いです。