トップ >  お札手品の種明かし > お札が上下に変わる あこがれのMr.マリックが教えてくれる
マジシャン養成スクール [ N-Academy ]

お札が上下に変わる手品

お札上下に変わる手品のやり方と種明かしについて紹介します。

このお札を使ったマジックはとても簡単で手軽にできるので、

身につけておくと 役立つ時がきます。

お札一枚あれば、すぐに即席でできるので、お手軽マジックと言ってもいいでしょう。

何かちょっとした手品を見せる場面や、「簡単な手品を教えてほしい」と言われたときにも

使えるマジックです。

まずは、動画でどんな現象か確認してみてください。

 

 

 


千円札が1枚

それでは、説明します。


千円札を1枚用意しましたら、

相手側に顔見えるようにします。


 

 

 





千円札を下から上に向かって折る

次にお札半分を下から上に折りたたみます。

このとき、親指と人さし指でお札を持っているで、

中指で下から 上に持ち上げるようにして、

折りたたみます。

あらかじめ折り目をつけておくと、やりやすいですね。









右側から左側に向かって折る

 

次に右側から左に向かって折りたたみます。






 

 

 




さらに、右側から左側に向かって折る

 

さらに、右側から左側にむかって

折りたたんでいきます。


ここまでで、相手にはお札の上部の線を見せて、

変わっていないことを強調しておきます。

 

 




千円札を手前から開く

今度は、自分の手前側から、開いていきます。

まずは、左から右側に向かって開きます。



ここまできら、さらに開いていきます。

まだお札は半分のままの状態です。

 

 

 


千円札を開く

そして、ゆっくりと全体を広げていくと

野口英世さんの顔が、いつのまにか上下に

入れ変わっているのです。

かっこよく見せるには、きれいな手つきで、

中指を使って開いていくと良いですよ。




大切なところは、あくまで、最初のうちは、お札の上部の線を何度も強調して、

まだ入れ替わっていないことを言いながら 折りたたんでいきます。

 

お札のマジックを何種類か続けて行うときにも、

この手品を取り入れると スムーズな流れになり、

演技に幅がでるかと思います。

 

【スポンサードリンク】