トップ >  お札手品の種明かし > お札マジックの種明かし

 

あこがれのMr.マリックが教えてくれる
マジシャン養成スクール [ N-Academy ]

お札マジックの種明かし

お札マジックの種明かしについて、

マグラさんというマジシャンが

フジテレビの「マジックのタネ」

という番組で、

 

千円札が一万円札に変わる

マジックのやり方と お札の折り方を

紹介していました。

 

では、前のページでセットが終わりましたので、

これから見せ方について解説していきます。

 

写真のように千年札を持っています。

このとき、一万円札もしっかりと、右手の人差指で

折り目の辺りを押さえておきます。

 





千円札を縦にします。



 

 

 






タネとなる一万円札を広げると同時に、

千円札を外側に半分に折ります。



 

 





次に千円札を上から横に半分に折ります。

 

 

 

 

 

 

 

 


次に、上から下に向かって、一万円札全体を

隠すようにして手前に折ります。

 

 

 

 

 



親指でしっかりと押さえておきます。

 

 

 

 

 

 

 


指をパチンと鳴らすなどして、

おまじないをかけます。



 

 

 

次に、1万円札の赤い判がついている

面を開きます。

 


 

 

 



 

次に、赤い判のある面が相手の正面に

見せるようにして、

 

内側では、一万円札と千円札の境がある面を

出してきます。

 

ここが、千円札から一万円札に変わる

見せ場となりますので、スムーズに行います。



そして、上部の一万円札の部分を

右手で持ち、

 

上引き上げて、

このあたりからドラマチックな

現象となりますので、

不思議さと驚きをアピールしてください。

 



 

一万円札を縦に伸ばしていきます。

 

 

 

 

 

 


一万円札を横にします。

 

 

 

 

 

 


半分になっている一万円札を

広げていきます。

 

 

 

 

 


と、同時に、千円札は、上半分を横に折り、

相手に見えないようにしながら、

 

千円札が一万円に変わったことを

アピールします。


このお札のマジックはビジュアル的に

とても優れています。

 

千円札から一万円札に変わったところは、

しっかりと相手に分かるように見せて あげます。

 

私がちょっと難しいと感じたところは、お札を小さくたたんだ状態で、

千円札から一万円 札が変化するときの見せ方のところですね。

何度も写真のお札の面を確認しながら、練習してみてください。