トップ > 日用品を使った手品 > 保育園で使える手品

 

見えない糸がついているみたい、紙が曲がる

見えない糸の手品今回は、保育園で使える手品を紹介します。

 

2014年6月28日放送の

「メレンゲの気持ち」で、

芦田愛菜ちゃんが見せてくれた手品です

 

手に持った長細い折り紙が、

 

まるで糸がついているように

曲がったり元に戻ったりする

手品です。

 

芦田愛菜ちゃんが、メレンゲの気持ちで見せてくれたのですが、

とても上手でした。

 

さすが女優さんです

 

ただ単に手品を見せるだけでなく、見せる前にちょっとした

パフォーマンスを入れます。

 

「うーーん、ちょっとうまくいかないや」

ようなワンクッション入れる演技から

実演に入ります。

 

どんな手品だったか紹介しますね。

手前に見えない糸を引く

まず、縦に折れた長細い折り紙を右手

に持ちます。

 

そして、左手は何やら糸みたいなものに

つながっているしぐさをします。

 

 

 

そして、その見えない糸をたぐりよせて、

手前に引くと、

紙が折れ曲がった

 

同時に折り紙も手前に

折れ曲がりました!

 

 

 

 

 

 

手を放すと紙が元に戻ります。

 

 

そして、手をはなすと紙も一緒に

元にもどりました

 

まるで本当に糸がついているように

見えます

 

 

手の動きに合わせて、紙も一緒に動くので、不思議に見えます。

 

そして、芦田愛菜ちゃんは、この手品の種明かしをして

くれました。

 

手品の種明かし

この手品の種明かしは、

折り紙の折り目がある箇所に、

切込みが入っているのです。

 

 

 

 

 

親指をスライドさせる

 

この部分を、親指で押さえて

 

 

 

 

 

 

紙も手前の折れ曲がる

 

下にスライドさせると、紙全体が手前に

折れ曲がります。

 

 

 

 

 

それに合せて、左手は糸をひっぱっているかのようにして、

手前にひいてきます。

 

重要なことは、

紙が折れるタイミングと

糸を引っ張っているように見せる、ということを同時に行うことです

あ、あと親指の動きはあまり大きくならないように

さりげなく動かしてくださいね。

 

この手品でしたら、保育園のような大勢の前で見せても、

現象がはっきりしして分かりやすいですので、

十分驚いてもらえることと 思います。

 

あと、演技力がものをいいますので、保育園児の前では

すこし大げさに見せるのがいいでしょう。


実はこのマジックは紙でなくても使えます。

割りばし手品

例えば、居酒屋に行ったときなどは、

割りばしに袋がついてくる

ときがありますよね。

 

その割りばし袋でもできます

 

 

 

箸袋に切込みを入れる

 

割りばし袋で行う場合は、

ひそかに割りばしの入り口のところを

破っておきます

 

そうすると、さきほどの折り紙と同じように、

親指でスライドさせると、割りばし袋も

手前に折れてきます。

 

 

【スポンサードリンク】