ネクタイを使ったマジックの種明かし

ネクタイの結び目をつくるとゴロンと転がる、飲み会、宴会の余興にも使える

更新日:

ネクタイを使ったマジックのやり方で、ネクタイの両端をつかんだままで、ネクタイに結び目を作るマジックの種明かしを紹介します。

 

飲み会などの席の余興で、急に何かをふられたときって、めちゃめちゃ困りますよね。

また、盛り上がりに欠けているときに、こんな手品を一つ取り入れるだけで、その場の空気がかわるかもしれません。

もしも、あなたがスーツを着て、ネクタイをしているのなら、こんな宴会芸はいかかでしょうか?

まず、まわりの人にクイズとして問題を出します。

「ネクタイ1本使って、一度、各両端を、それぞれの手でつかんだら、絶対に手から両端を離さない状態で、結び目を作ることができますか?

とお題を出します。

「お手元にネクタイがありましたら、試してみてください。」

という、展開からはじめます。

そして、実際にやってみてください。

いかかがでしょうか?

普通につかんでも、結び目を作ることができませんね。

ではもっと、よーーく考えてみてください。

よーーく考えるということは、どんな姿勢を取りますか?

よーーく考えると、腕を組んで考えたりしますよね

ネクタイに結び目をつくるマジックの種明かし

では、腕を組んでみてください。

その腕組みをした状態で、ネクタイの両端をつかんでみましょう

そして、その組んだ腕を外してみましょう。

そうすれば、ネクタイに結び目ができます。

では、画像で説明します。まず、ネクタイを1本横に伸ばし、

ネクタイを1本に伸ばす

 

腕組みをします。

腕組みをする

 

そして、左手を上から出した状態で、ネクタイの片方の端をつかみ、右手を下から出した状態で、ネクタイの片方の端をつかみます。

ネクタイの両端をつかむ

 

そして、腕を元に戻していくと、

組んだ腕を戻す

 

ネクタイに結び目ができました。

ネクタイに結び目ができた

 

このマジックは、ネクタイの代わりにロープを使ってもできますが、飲み会や宴会の場では、ロープよりもネクタイのほうが身近にある可能性は高いですので、実用的だと思います。

以前、和室で行われた宴会で、急に余興をやることになったとき、このやり方を教えたことがありました。

正座をして、ネクタイの端をつかもうとすると、みんな酔っぱらった状態だったため、ゴロン、ゴロンと転がってしまう人が続出して、会場は笑いで盛り上がったことがありました。

このような小ネタを覚えておくと、とっさのとき役立ちます。

じゃべりのコツは、

「よーーく考えて」

「よーーく考えるということは、どんなポーズをとりますか?」

言って、やり方を教えていくと、「なるほど!」納得してくれますよ。

-ネクタイを使ったマジックの種明かし
-, , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2019 All Rights Reserved.