トップ >  メンタリズムの種明かし > メンタリズムを恋愛で使う

 

あこがれのMr.マリックが教えてくれる
マジシャン養成スクール [ N-Academy ]

メンタリズムを恋愛に使うやり方、メンタリストDaiGoが伝授

メンタリズムを恋愛に使う方法をあなたに伝授。

 

しゃべくり007に 2012年11月12日に登場した
メンタリストのDaiGoさん。

 

彼が、

どのようにしてメンタリズムを恋愛に使うのか

その方法について語ってくれました。


まずは、デートコースで使えるメンタリズムです。

 

人間の脳は、

スポーツをした後のドキドキと 恋愛のドキドキとは 区別が出来ない

ということです。

 

二人で一緒にスポーツをすることによって、 息があがり、
ドキドキしますね。

 

これは、恋愛によってドキドキしているのか、

スポーツによってドキドキしているのか、
脳は区別が つかないため、

 

相手は、その人のことが好きになってドキドキしていると思ってしまう
ということです。


これがスポーツ効果を使ったメンタリズムなのです。

デートコースに体を動かす機会を取り入れると良い

という ことですね。

 

次に、DaiGoさんは、暗闇と瞳孔を利用したメンタリズムについて
紹介していました。

 

デートコースでは、1件目は明るいところで食事をする。

なるべくオープンスペースが良いです。


これは恐怖感を与えないためなのです。

 

そして2件目は暗いBARなどに行きます。

ここから暗闇効果を使います。

 

ヒトは暗いところに行くと、相手と距離を近づけないと認識できないため、
体を接近してしまう。

体が接近することによって心の距離も縮まるというのです

これによって「二人の関係が親密になる」、という
ところにつながります。

 

そして次に瞳孔の効果を登場させます。

 

人間は、好きなヒト見たときと、暗闇を見たときに瞳孔が開きます

この原理を利用するのです。

つまり、相手の瞳孔を無理やり開かせる、という
方法を使います。

 

例えば、ローソクの明かりしかないBARに行きます。

そして、相手の手元にそのローソクがあるのがベストの位置です

 

相手は、手元にあるグラスや食器、携帯とかを見たときに、
ローソクの明かりも目に入ってくるので、そのとき瞳孔が
縮まります。

 

その瞬間に話しかけると、自分の方を向きまます。

自分の方には明かりが無いので、相手の瞳孔が開くのです。

何度も、瞳孔を開かせるためにこれを繰り返すことに よって、

相手の潜在意識の中に、自分のことが好きだという暗示をかけることができる

というのです。

 

そして、最後は女性を誘うときのメンタリズムについて語ってました。

まずは、ダメなパターンは、

電話でいきなり、「週末食事に行かない?」と
誘うパターンです。

これではうまくいきません。

良い誘い方は、

電話でいきなり

「今日、仕事が早く終わったんだけど、これから食事にいかない?」

と言います。

相手から、「今日は無理」と断られたら、

「じゃ週末はどう?」と誘うわけです。

 

最初に無茶なお願いをして、 断った瞬間に芽生えるその罪悪感を利用し

本当に言いたいことを通す。という方法です。

 

これをドア・イン・ザ・フェイス と言うそうです。

心理学を利用した誘い方です。

 

この方法は恋愛だけでなく、日常生活の中でも使えます。

例えば電化製品の値下げなどの場面。

 

一度無理な値下げを言っておいて、断られてから
妥当な値下げの値段を言う
、などに使えますね。

 

また、会社の人事異動にも使えます。

「お前、来月から海外へ転勤だ」

と言っておいてから、

「行けないなら、北海道に行ってくれ」

などと、本当は国内へ転勤させたいため、一度無茶な
海外転勤から話していく」

というやり方にも使えますね。

 

恋愛におけるメンタリズムのテクニックには、恋愛以外の場面でも
試せるいろいろな方法があるのですね。


 

【スポンサードリンク】