トップ >  Mr.マリックのマジック通信講座 > マジックで大切な意識の向け方

 

RYOTAさんの動画で、意識の向け方を発見

マジックで大切なことは、

相手の意識を別の方に向けることです。

 

 

ミスディレクションともいいます。

 


このミスディレクションの使い方が

マジックではとても大切です。

 

 

マジックでは、タネの存在ももちろん

大切なのですが、

 

そのタネの存在に気づかせないようにするために、

このミスディレクションを使います。

 


リアルマジシャンのRYOTAさんが、

子どもにマジックをする動画を見ました。

 

あ、RYOTA(りょーた)さんは、

Mr.マリックさんが、最も信頼のおける

パートナーのマジシャンの一人です。

 

 

そのRYOTAさんが、

ティッシュの中からアメ玉を出現させる

マジックを子どもに見せている動画があります。

 

 


ティッシュボックスから、1枚、2枚と

右手でティッシュを取り、左手に持ち替えます。

 

 

 

右手で、おそらく3枚目を取り出す時に

タネであるアメ玉を持ってきていると

推測できます。

 

 

 

そのときに、すでに左手に持っている

ティッシュペーパーを少し揺らして

 

 

子どもの意識を、左手にもってきているのが

分かりました。

 


これがミスディレクションです。

 

 

これは、動画でしかなかなか理解できない

ものです。

 

 

このミスディレクションをうまく使いこなせるか

どうかによって、

 

 

タネの存在をうまく消すことができ、

マジックの成功に、大きな影響を与えます。

 


私も初心者の頃は、このミスディレクションの

存在をあまり重要とは思っていなかったのです。

 

 

しかし、マジックが上達する人と、しない人の

大きな違いは、このミスディレクションを

うまく使うかどうかによります。

 

 

 

ミスディレクションを上手くできたときは、

やはりタネがバレにくく、マジックをそのものが

成功し、大きな驚きを与えることができます。

 

 

ミスディレクションを身に付ける第一歩は

やはり、上手なマジシャンのレクチャーを受けたり

動画を参考にし、

 

どこで、ミスディレクションを使っているかを理解し、

そのタイミングを何度も見ることです。

 

 

参考までに、マリックスクールの

入門講座(登録無料)では、

 

次のレッスン1の

の予告動画を見ることができます。

 

 

 

その予告動画の中に、

さきほど申し上げた、

ティッシュからアメ玉が出てくるマジックの

RYOTAさんの演技を見ることができます。

 

 

RYOTAさんがどのタイミングで

ミスディレクションを使っているか、

 

RYOTAさんの演技を参考にしたい場合は

コチラから、会員登録をすることが

できます。


Mr.マリックのマジシャン養成スクール [ N-Academy ]