トップ >  Mr.マリックのマジック通信講座 > マリックのマジック講座 子どもが喜ぶ手品 

 

Mr.マリックのマジック講座、マリックさんから学びたい人が学ぶべき


テォッシュペーパーからキャンディーがでるマジック

Mr.マリックさんのマジック講座の

レッスン1では、

 

子どもが喜ぶ手品のレクチャーがあります

 

 

 

 

ティッシュペーパーからキャンディー

出現するマジックです。

 

 

 

キャンディーが1個であれば手の中に隠せますが、

5個以上となると、なかなか手には

おさまらないです。

 

バラけちゃいますしね。

 

 

そこで、道具を使います。

 

 

その道具とは、今回は、ティッシュペーパーです

 

 

このティッシュペーパーから

キャンディーが出現します。

 

 

 

子どもにとって、お菓子やアメ玉・キャンディーが

突然出てきたら喜ぶと思いませんか?

 

 

 

喜ぶだけでなく、不思議さもあります。

 

 

 

子どもにとって、ティッシュペーパーは

単なるペラペラの紙です。

 

 

 

普通は、何も入っていない、と思うのが

常識です。

 


 

もちろん、子どもだけでなく、

大人にとっても、ティッシュペーパーは、

拭くために使うのが常識です。

 

 

 

そこから、キャンディーが出てくるので

不思議なのです。

 

 

 

レッスン1ではリアルマジシャンのRYOTAさんが、

実際に子どもの前で実演している動画が見れます

 

 

予告篇でも見ることができる映像です。


子どもが喜んで、笑顔になっています

 

 

マジックの現象としては、ティッシュの箱

 

 

ティッシュの箱から、数枚、

ティッシュペーパーを取り出します。

 

 

 

 

 

 

 

ティッシュぺ^-パーを丸める


そのティッシュペーパーを丸めて、

 

 

 

 

 

 

 

 

ティッシュを破くとキャンディー出現

 

 

破ると

中からキャンディーが出現するマジックです。

 

 

 

 

 

Mr.マリックのマジック講座では、

リアルマジシャンのRYOTAさんが実演と解説を

行っています。

 

 

さらに、マリックさんが詳しい解説をしています。

 

 

実はこのマジックはとても有名で、

 

テレビでも紹介されたり、

マジックの本でも紹介されています。

 

 

私のページでも種明かしを紹介しています。

ティッシュからアメ玉がでるマジック

 

 

 

種明かしだけを知ると、「なーんだ」

となるかもしれません。


 

しかし、重要なのは、

知っていること」と「実際にできること

とは、大きな違いがあるということです

 

 

 

単純に、このマジックだけを見ると、

「なんだこのタネなら知ってる」

というレベルで終わります。

 

 

単にタネを知りたいだけであれば、

マリックさんの講義を受ける必要はありません

 

 

そのへんのネット上に転がっている

情報で集めることで用は足りるかと思います。

 

 

ただ、マリックさんのマジック講座では、

私が紹介してるティッシュでアメ玉を

包む方法とは違った包み方をしています。

 

 

指にひっかけやすくて

より取り出しやすい包み方です。

 


そして、ネタのとり方やタイミング

を詳しく解説しています。

 

単なる種明かしとは違います。

 

 

マジシャンになるための講義をしています

 

 

マリックさんは決して簡単だとは

言ってません。

 

 

「スムーズに取れるように、ティッシュの

箱をいくつも空けるくらいしっかり練習しましょう」

と言ってます。

 

 

その通りだと思います。

 

 

私は、たとえネット画面であっても、

マリックさんから、このような言葉を聞きたくて、

受講したのも一つの理由です。

 

 

このマジックをみて、しっかり練習して

実際に子どもに見せたくなりました。

 

 

私は、単なる種明かしを知るのはなく、

マリックさんの手のタッチや動き、

マリックさんの考え方などを学びたいと

思ったので、受講しました。

 

レッスン1だけであれば、1,000円ちょっとで学べます。

Mr.マリックのマジシャン養成スクール [ N-Academy ]