トップ > つれづれ日記 > 古川雄輝のマジック 映画「風の色」

【スポンサードリンク】

 

古川雄輝さんのマジック、コインロールの意味は

 

2018年1月15日放送

の情報番組イチオシモーニングでは、

 

 

俳優の古川雄輝さんが出演して、

マジックのテクニックを披露していました。

 

 

その日は、古川雄輝さんの

主演の映画「風の色」の宣伝を兼ねての

出演でした。

 

 

映画「風の色」では、

古川雄輝さんが、

マジシャン役で出演しています

 

 

そのマジックシーンの監修をしたのが

Mr.マリックさんでした。

 

 

コインやカードマジックのほかに、

水中脱出のイリュージョンのシーンもある。

 


古川雄輝さんが言うには、

ほとんどのマジックシーンは20分くらいの

練習でこなしてきたとのこと。

 

 

古川雄輝さんは全くのマジック初心者だった

とのことです。

 

 

その言葉に周りが反応して、「すごーい」と

言う声があがりました。

 

 

イチオシモーニングでは、古川雄輝さんは、

コインテクニックと、カードテクニックを

披露してくれました。

 

コインロール

一つ目は、コインロール。

 

 

コイン1枚を、手の指の上側で、

転がすように移動させていく

テクニックです。

人差し指と中指の間から、

 

 

 

 

人差し指を上に押し上げながら

中指の上をとおり、

 

 

 

 

 

 

 

 

コインテクニック

中指と薬指の間を挟めながら、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コインテクニック

 

中指を押し上げながら、

薬指の上を通り、

 

同じ要領で、小指まで、コインを

転がしながら移動させていきます。

 

 

 


古川雄輝さんがいうには、

マジシャンは指と指の間に隙間ができてしまうと、


手の内側に隠しもっているモノが見えてしまうと

ネタばれしてしまうので、

 

 

その指と指の隙間が見えないよう

するための練習が、

 

このコインロールだと言ってました。

 

 

「そうだったんだ」

私は初めて知りました。


コインロールにはそんな意味も

あったのだなんて。

 

 

コインロールは単なる自慢の

ためのテクニックでしか

ないものだと思っていました。

 

 

マジックの合間に、ちょっとした華麗さとか

印象を残すために、取り入れるには

有効なテクニックだと思いますが、

 

 

コインロールを単発で見せたところで、

単なる見せびらかしや自慢のテクニックで

あるという認識しかありませんでした。

 

 

ちなみに私はできませんけど。

 

いや、少しはできますが、ときどき失敗します。

 

 

コインロールは100%上手にできないと、

人前では見せることができないと思っています。

 

 

なぜかというと、失敗して、コインを落として

しまうと、観客はその失敗しことだけが

記憶に残る可能性が高いからです。

 

 

次に、古川雄輝さんが見せたのは、

フォールスシャッフル。

 

本人は、フェイクシャッフルと言ってました。

 

 

カードをシャッフルしたようにみせかけて、

実は、混ざっていないという切り混ぜ方です。

 

 

ちょっとぎこちなさがありましたが、

マジックの初心者がテレビの前で、

 

カードシャッフルをするというのには、

いくら俳優であっても緊張することかと

思います。

 

 

映画「風の色」では、古川雄輝さん

のマジック・シーンを

多数、見ることができます。

2018年1月26日公開予定です。

楽しみですね。


 

【スポンサードリンク】