トップ > つれづれ日記 > 行列のできるでブレイダイブ 

 

マジシャンが周りから、うらやましいと思われる瞬間は?

石原慎太郎氏に、「この人あぶない人だねぇ~」

と言わせしめた、新子景視さん。


2016年6月5日放送の行列のできる法律相談所に、

マジック界の新生と呼ばれるブレインダイブの新子景視さんが登場。

 

今回は、石原慎太郎さんと高畑充希さんを

相手に、ブレインダイブを披露した。

 

ブレインダイブとは人の脳の中を読み取るというパフォーマンスです。

 

今、テレビでも注目されているマジシャンです。

 

まずは、石原慎太郎さんのの頭の中を読み取るブレインダイブを披露。

 

新子さんは石原さんに、1~100で思いつく数字を頭で考えてもらった。

そして、石原慎太郎さんは、数字の「7」と答えた。

 

新子さんは、スケッチブックに「7」と書いていたのです。

完全に一致していました。

 

石原慎太郎は、「インチキくさいなぁ~」と言ってました。

 

次に、高畑充希さんに対してブレインダイブを披露。

 

高畑充希さんには、新子さんが渡したメモ用紙に、

忘れられない人の名前を書いてもらいました。

 

高畑さんが、 メモ用紙に書いている最中、

司会の東野幸治さんは、新子さん両目を手でふさいで

何も見ることができない状態でした。

 

新子景視さん、スケッチブックに書いた名前が

「ゆきお」でした。

 

先に、新子さんは、スタジオゲストにその名前を見せました。


高畑さんは「ゆきお」さんという名前を書いていたのです。

見事に一誌していました。

 

「ゆきお」さんって誰というと、

演出家の故・蜷川幸雄さんだったという。

 

最後は石原慎太郎さんと高畑充希さんの2人同時に

新子さんは、ブレインダイブを行いました。

 

新子景視さんが言うには、このパフォーマンスは

「新しいチャレンジ」だというのです。

 

おそらく、今までテレビでは見せたことがない、

マジックだったのでしょう。

 

まずは、二人に目を閉じてもらいました。

 

その後、石原さんにはそのまま目を閉じてもらったままで、

何かを感じ取ってもらうというのです。

 

新子さんは、高畑さんの鼻の頭を手で触れました。

 

そして、新子さんは、石原慎太郎さんに、

「何か触られました?」と聞くと、

「鼻を触れられた」と石原さんは答えたのです。

 

新子さんは、高畑さんの鼻を触れただけなのに、

石原さんは、「鼻にふわぁっと感じた」と答えてました。

 

次に、新子さんは、高畑さんのアゴを手で触れました。

 

そして、石原さんに聞いてみると、「アゴにふわぁっと感じた」と答えてました。

 

そして、石原慎太郎さんは、新子景視さんに対して

「この人あぶない人だねぇ~」とコメントしていました。

 

それにしても、このマジック身に付けたいですね。

自然に女性の鼻やアゴに触れることができるんですから。

 

ましては今回は、手ならまだしも、マジシャンが女優さん

の鼻やアゴを触ることができるなんて、周りの人も

「うらやましい~」って思っているかと思います。

 

ただ、ちょっと気になったのは、最後のマジックはブレインダイブなのかな?

人の頭の中を読み取る、というコンセプトからはちょっと離れているん

じゃないかと思いました。

 

ネタ切れしてきたのか?それとも単に、高畑さんのアゴを触りたかったのか?

は、私に分かりません。

 

 

【スポンサードリンク】