トップ > つれづれ日記 > AKB48マジック Mステで失敗

 

テレビでの生マジックはカメラワークも大切

2015年8月28日放送のミュージックステーションで

AKB48がマジックを披露。

 

そのとき、イリュージョンマジックで大失敗が

起きてしまった。

 

さらに、カメラワークによって、タネがまる見えの状態

映ってしまったのです。

 

これは、AKB48が指原莉乃がセンターを務める新曲の

ハロウィン・ナイトを歌いながら、

メンバーが次々と生マジックを披露していく中で

起きた出来事。

 

歌の後半で、檻のような小さな箱に、暗幕をかけた

指原莉乃さん。

 

そして、その暗幕を開けて、檻を見せたところ

何も起きていなかった。

 

本来は、ここで、監督のたかみなが箱から

出現しているハズ。

 

しかし箱には誰もいなかった。

刺し腹さんは思わず手で×を描き、「失敗しちゃった」

みたいな表情をした。

 

しかし、出来事はこれで終わらなかった。

 

カメラがその箱の横を映してしまったのだ。

そうしたら、そこにはたかみながいた。

 

まともにネタがバレてしまったのだ

 

このイリュージョンマジックは、通常は

箱の中に火をつけて、幕をかけて、再び箱をみせた

瞬間に、火は消えていて、人が瞬間的に出現する

定番のイリュージョンマジック。

 

プロマジシャンでも普通にステージでマジックショーで

使っているネタです。

 

ゴールデンでしかも生放送で、このような失敗が

起こるとはまさに放送事故レベルです。

 

ネット上では、ガチなのか台本なのか?という

意見がいろいろ飛び交っていますが、

 

台本だとしたら、檻の横や後ろ側は

カメラに映さないはず。

 

このネタを提供したマジシャンが絶対に

横からの撮影は許可しないと思います

 

 

ただ単に、たかみなが現れなかったというだけで

あれば、良かったのにカメラがわざわざ箱の横から

撮影したのものを放送したもんだから、

よけいに、失敗を上乗せしてしまったことになった。

 

この放送をみて、このネタを使っている多くの

マジシャンの顔が青ざめてしまったことと思います。

 

テレビ局のカメラマンはマジックの知識がなかったの

かもしれませんが、やはりカメラを映す角度は

細心の注意をあげなきゃならないと思いました。

 

テレビでマジックを成功させたり、失敗を映さない

ためには、カメラマンの協力がなくしてできないものですから。


【スポンサードリンク】