トップ > つれづれ日記 > セロのスケボー浮くマジック 

セロのスケボーマジック 生放送はこわい

え?何を言い出すのか?

 

 

 

生放送中に、平愛梨ちゃんが、言ってはいけない

種明かしの部分を言い始めました。


 

 

2014年7月29日放送のフジテレビ カスペで

セロが、スケボーに乗って登場しました。


 

 

セロは車に片手をつけながら、スケボーにのって登場。

そのスケボーは宙に浮いているのです。

 

 

 

そして、そのマジックを見て、

平愛梨ちゃんが、

 

 

 

「以前、他の番組で見たことがあるんだけど、

車に付いている手は偽物なんです」

と言ってしまったのです。

 

 


ちょっとセロの表情が曇りました。

 

その言葉を聞いたとき、

「生放送でそんなこと言っちゃっていいの?」

って心配になりました。

 

 

 

そこで、セロは上着を脱いで、自分の腕は本物で

あることを証明しました。

 

 

 

とりあえずその場では、

腕は本物であることを証明することができたので、

安心しました。

 

 

 

それにしても、生放送ってこわいですね。

 

 

 

日本テレビでトリックハンターという、

トリックのネタバラシをする番組があるんですけど、

 

 

 

以前、ウド鈴木さんが、バスの側面に手を当てて、

宙に浮いているマジックのシーンがありました。

 

 

 

その番組ではネタバラシをしていて、

腕がやはり偽物であり、

 

 

 

棒のようなものでしっかりと支えられていて、

 

体のあたりには小さな椅子が見えないように

仕掛けられていました。

 

 

 

体は、その小さな椅子に浅く座る感じでいると、

立っているように見える。

 

 

 

平愛梨ちゃんはどのテレビ番組を見て、

この仕掛けをしったからか分からないが、

 

 

 

他局で放送されたものを、軽々しく口に出しては

いけないんじゃないかな、と思いました。

 

 

 

天然キャラでみんなから愛されているだけでに、

ファンも多いかと思いますが、

 

 

 

マジックの番組では、たとえ予測であったとしても、

 

 

 

 

「タネはこうなってんじゃないの?」

なんて、言ってしまうと、

 

 

 

まれにそれがどんぴしゃりで当たっていることも

あるんですから。

 

 

【スポンサードリンク】