マジックの簡単な種明かしと手品のやり方をおぼえて人気者になる方法 週末マジシャン・バッザの「手品の種明かし大辞典」~簡単マジックのトリック種明かし~

手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし

手品日記 テレビのマジック番組の感想など

セロのコインマジック フジテレビのカスペ、セロマジック新世紀で披露

更新日:

セロのコインマジックは華麗すぎる

マジジシャン・セロが、カスペで2014年7月29日にフジテレビ放送の、セロマジック新世紀で、コインマジックを披露しました。

セロが見せてくれたコインマジックは、コインアセンブリーというマジック。

まず、4枚のコインをテーブルの上に4角に置きます。

そして、その上にトランプを1枚ずつ置いていきました。

トランプをはじくと、1枚あった左奥のコインがトランプをよけると、一瞬にして2枚になりました。

さらにつづけて、別の個所のコインを消し、2枚あったコインの個所には3枚のコインになり、最後は、4枚すべてのコインが1箇所に集まりました。

コインアセンブリーは大きくわけて2種類のやり方がありますが、セロが見せてくれたのは、基本中の基本です。

でも、見せ方が華麗すぎます。

 

セロのすごいところは、カードの置く位置あります。

なんて自然で華麗なんだ、ということが、タネが分かれば分かるほど、驚きます。

さらにセロは、4枚のトランプではなく、透明なカードを使って、マジックをはじめました。

最初に行ったコインマジックの種を知った人ほど、セロが見せたマジックの不思議さが倍増しました。

通常は、カードが透明であれば、コインの行方が分かるところなのですが、セロが見せたマジックは全くコインの行方が見えなかったです。

いやーこれはさすがに真似できないテクニックです。

コインマジック一つをとっても、これほどの華麗な見せ場を作ってくれるとは、本当に見応えがありますね。

 

なかなか、コインアセンブリーというマジックは、飲み会のシチュエーションでは見せにくいマジックなのですね。

テーブルにある程度のスペースが必要ですし、マットのようなものがなければ非常にやりにくいのです。

そんなこともあって、私は、あまり練習してこなかったのです。

また、昔はテレフォンカードを使って見せていたことがありました。

飲み会の席でいきなりトランプを見せると、ちょっと変な空気になることもあったからです。

でもテレフォンカードが使われなくなってから、いつのまにか私も披露することがなくなってしまいましたが、

今回のセロの演技をみて、またコインアセンブリーを演じてみたくなりました。

-手品日記 テレビのマジック番組の感想など
-, , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2019 All Rights Reserved.