トップ > つれづれ日記 > 首落ちマジック 佐々木健介 

 

予測以上のマジックを見せないと驚かない

2014年5月25日放送のシルシルミシルさんデー

芸能界もしもアワード びっくりぃむ2014,

はドッキリ特集でした。

 

そのコーナーで、佐々木健介、北斗晶夫婦が

坂上忍さんを驚かせるという内容がありました。

 

そこで、佐々木健介さんが、首が落ちるマジックを

坂上忍を見せて驚かせようとしました。


マントらしきものを着ていた佐々木健介さんが

坂上忍の前に立った。

 

そして、いきなり首が落ちるマジックを披露

 

坂上忍さんは、あまりリアクションがなかったです

 

うーーん、あの首が落ちるマジックはインパクトがあって

坂上さんは、かなり驚くと思ったのですが、そうでもなかったです。

 

ただ、初めから何かをして驚かせるということが

あらかじめ坂上さんには、分かっていたので、

 

そんな環境で、首が落ちるマジックをみせられても、

それほど驚きはないですね。

 

はやりマジックで驚いてもらうには、

予期しないところで、予期しない現象を見せると驚いてくるもんですから

 

これからあなたを驚かせます

 

というような空気を見せた状態では、なかなか驚かせる

ことは難しいです。

 

大切なことは、

相手が予想していること以上のことを見せることです

 

例えば、宴会などでマジックを見せる場合にも、

宴会芸程度のベタなマジックを期待させておいて、

それ以上のネタとテクニックを見せることによって

相手を驚かせることができるのです。

 

先日、飲み会があって、ちょっとした余興をする機会があったのです。

千円札を相手から借りました。

 

こんなおいしいチャンスを逃すわけにはいきません。

回りの人は、このお札がどうなるかなんて予想していなかったのです。

 

私は、無言でお札を折りたたんで、いきなり一万円札に変えました

すると、お客さんはまさかこんなところで、

お札が変わるマジックを見るとは予想しなかったのですね。

すると、ものすごい驚きを引き起こすことができたのです。

 

常日頃から、相手の予想を上回るにはどうすればよいか、

どんなネタを見せたらよいか、どんな演出をしたらよいか、

考えておくことが大切ですね。


【スポンサードリンク】