トップ > つれづれ日記 > 笑っていいとも マジック

 

笑っていいとも増刊号、コインとトランプマジック

2014年2月23日放送の 笑っていいとも増刊号で、

コインマジックとトランプマジックが披露されました。

 

コインマジックは、コインの瞬間移動と グラスの貫通マジックです。

 

そして、トランプマジックは、トランプのデックから

選ばれたカードのマークと数字を誰も見ないまま、箱の中にしまった状態で

観客の女性が当ててしまう、という現象でした。

 

この日の笑っていいとも増刊号では、 32年間のレジェンドというコーナーがあり、

過去に笑って いいともに出演したことがある人が、

再び登場するという内容でした。

 

そこで登場したのが、赤尾武俊さん。

 

当時、赤尾さんは16歳でいいとも出演し、「勝ち抜き君こそ日本一」

という コーナーで、マジックを披露していたという方です。

 

現在はテレビのディレクターをされているそうです。

そこで、彼が20年ぶりに笑っていいもとのスタジオで

マジックを披露してくれることになりました。

 

取り出したのは500円玉コイン4枚とグラス。

まずは、コインを調べてもらい、そして、ベッキーに

その4枚のコインを握ってもらいました。

 

そして、赤尾さんはグラスを持つと、グラスの中に

1枚500円コインを瞬間移動させたのです。

 

そして、ベッキーが握っていた手の中をあけてみると、

コインが3枚になっていました。

1枚のコインがベッキーの 手の中からグラスに瞬間移動してしまった

という現象でした。

 

さらに、赤尾さんがグラスの中に3枚のコインを入れます。

そして、ベッキーの手の平には1枚の500円玉があります。

これで全部で4枚です。

 

赤尾さんは、ベッキーの手の平の上あたりにグラスを配置すると、

グラスの下から、1枚の500円玉コインが貫通して落ちてきました。

 

グラスの中を確認してみると、3枚あったはずのコインが

2枚になっていました。

 

このマジックは!!1

これは、過去、Mrマリックさんが演じたことがある

コインマジックの手順です。

私も良く飲み会などで披露しているコインマジックです。

とても強烈なインパクトを与えることができます。

 

この赤尾さん、テレビで堂々と緊張感を見せることなく

淡々と演じていることに、スゴさを感じました。

 

そして、もう一つ赤尾さんが披露してくれたのはトランプマジック。

一組のトランプから、タモリさんが1枚カードを選びました。

 

カードは裏向きのまま選ばれたので、マークも数字も誰も

分かりません。

 

そして、赤尾さんはそのカードだけ裏向きのまま、トランプのデックの 中に戻し、

さらに箱の中に入れてしまいました。

 

そして、タモリさんが後ろ向きのままボールをいいともの観覧席に投げると

1人の女性が受け取りました。

 

当然、面識もない女性です。

 

赤尾さんはその女性の名前を聞きました

「せりか」さんという名前でした。

そして、即席で芸名を付けました。

「マギーせりか」と。

この辺の進め方がとても参考になります。

 

お客さんに何かをしてもらう場合、「マギー○○」という芸名を付ける

という小ネタ使えそうですね。

 

そして、そのマギーせりかさんが、思いついたカードのマークと

数字を言いました。「ハートの4」と。

 

そして、赤尾さんが、さきほどのトランプの箱からカードを取り出し、

1枚だけ裏返ったカードがありました。

 

それを鶴瓶さんにとってもらい、表向きにしてみると、

そのカードが「ハートの4」だったのです。

 

マギーせりかさんが言ったカードと一致していたのです。

強烈な印象を与えるトランプマジックでした。

 

トランプマジックの場合どうしてもテーブルの近くにいる人を

中心に見せる場合が多いのですが、

このように、会場にいる方も巻き込んで行える手順は

とても参考になります。

 

それにしても、プロマジシャンでもテレビでマジックを見せる

となると緊張感が伝わってくる人がいるものなのに、

赤尾さんは、堂々とそして淡々と披露していたのには感心しました。


 

【スポンサードリンク】