手品日記 テレビのマジック番組の感想など

マジック対決 ほこ×たて 庄司タカヒト対上口龍生のギャップが面白かった

更新日:

上口龍生対庄司タカヒト ほこ×たてでマジック対決

上口龍生さんの表情のギャップが面白かった。

ほこ×たて 2時間スペシャルを見ました。

2013年10月20日放送の「ほこ×たて」は、絶対にマジックを見破る男vs絶対に見破られないマジシャンの対決だった。

マジックを見破る男は、庄司タカヒトさん。

絶対に見破られない男は、上口龍生さんでした。

 

庄司タカヒトさんは、マジッククリエイターとして活躍する、 株式会社フォーサイトの代表。

オリジナルのマジックグッズを製作・販売しているほか、マジック本の販売やマジック教室などの講師も務める。

なぜ、庄司さんは、「絶対に見破れないマジックはない!」と言い切るのかと言うと、マジックグッズなどを販売する過程で著作に触れないようにするため、

世界中の既存のマジックのタネを調べ尽くてきたため、詳しくなったという。

 

上口龍生さんは、国内3大タイトルを制覇したマジシャン。

上口龍生さんは、1995年に1年間で3つのタイトルを獲得している。

今だに1年間で3タイトル制覇をした記録は破られていない。

SAMジャパン主催「マジック・オブ・ザ・イヤー」優勝、
UGM主催「ワールドマジックサミット・ジャパン」優勝、
不思議倶楽部主催「なにわのマジックコンベンション第一位

という輝かしい経歴を持っている。

また、上口龍生さんは、世界で認めらた江戸のマジックとして「和妻」を演じるマジシャンでもあります。

赤坂見附にあるマジックバー・サプライズ オーナーでもあり、いつか見に行きたいと思っています。

そんな2人が対決。

上口龍生さんは、一般の人には絶対に 見せない、マニアでも分からないような、カードマジックを披露した。

このカードマジックを見た、日本奇術協会の渚晴彦会長も「上口さんは、かなり高度なテクニックがある」、とコメントを していた。

 

「全部を再現するのは不可能」と言っていました。

 

上口龍生さんは、ほこ×たてでトランプマジックを披露。

Aを4枚出現させてから、次々とカードを出現させ、最後は、それぞれのカードがすべて4枚そろうというマジック。

すさまじい内容です。あまりに複雑すぎます。

そして、庄司タカヒトさんが、それを再現していく。

庄司さんが次々とカードをそろえていく。

その時間が経つにつれ、上口さんの表情が変わっていく。

あと、5種類のカードをそろえれば、庄司さんの勝ちというところまできたときには、上口さんの顔は「もうだめだ」という表教になった。

そして、庄司さんが、8のカードを4枚そろえ、2のカードを4枚そろえ残りあと、3組のカードをそろえればよい段階となった。

次に、5のカードが4枚そろう・・・、ハズだったが、そこには、3のカードが一枚まぎれこんでいたのです

ここで、上口さんが「え?うそ!」というような表情をした。

庄司さんは完全再現できず、見破ることができなかった。

勝負は、上口さんの勝利となった

 

庄司さんは、エースを出現させながら、スペードの8、クラブの2、クラブの5、ハートの3を出現させていました。

庄司さんは、これらのカードを戻す時の配列が分からなかったのです。

とても見応えのある内容でした。

顔のギャップだけで、マジックの面白さが伝わる すばらしい対決でした。

-手品日記 テレビのマジック番組の感想など
-, , , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2020 All Rights Reserved.