デアゴスティーニ ザ・マジックの評判は

マジック必須の基本テクニック「パドル・ムーブ」、デアゴ第24号

投稿日:

ダンサーの蛯名健一さんが、

2020.6.26放送のザワつく金曜日に出演していました。

蛯名健一さんの注目すべき芸といったら

「首落ち」です。これはマジックの原理を使っているのですが、

もともとのダンスのクオリティが高すぎるので。

マジックと感じさせないところがスゴいダンスです。

 

こんにちは、週末マジシャン・バッザです。

 

それでは、

今回は、デアゴスティーニ マジック第24号を紹介します。

 

今回のマジックアイテムは、ジャンピング・ダイヤが

付いてきました。

 

パドル・ムーブはマジック必須の基本テクニック

マジックを身につける上で

必須といってもいいくらい重要なテクニックが、

紹介されています。

 

それが、「パドル・ムーブ」です。

 

例えば、1本の割りばしがあります。

 

両面には、黒丸が描かれています。

 

元に位置から、

 

一瞬、手で隠すと、

 

3つ並びます。

 

このマジックの中で、「パドル・ムーブ」という、

テクニックを使っています。

 

デアゴスティーニ マジック第24号についてきた

付属品の2本のスティックのうち1本を使います。

 

片面には特になにもない、スティックです。

 

裏面を見せても何もありません。

 

両面には何もないですが・・・

 

一瞬にして、ダイヤが現れました。

 

シンプルな動作ですが、このテクニックを組み合わせることに

よって、次のマジック「ジャンピング・ダイヤ」を

披露することができるようになります。

 

まずは、

この基本動作を覚えることからはじまります。

 

ジャンピング・ダイヤで1分30秒のルーティンができる

たった2本のスティックだけで、

約1分30秒のルーティンを見せることが

できます。

 

ぜひ、

身につけて持ち歩きたいマジックだと思います。

 

手順を覚えるのにちょっと時間がかかるかも

しれませんが、

 

とっさに「何かマジック見せて」と言われたときでも

スグに始められるので、みにつけておくと便利です。

 

簡単にルーティンを紹介します。

まずは、2本のスティックを見せます。

 

裏面も見せます。

 

元の状態から

 

右側から小さなダイヤが現れました。

 

そのダイヤが一瞬にして、左側に移りました。

 

二つのスティックを交差させると

 

両方のスティックからダイヤが出現しました。

 

1本のスティックを手の中に入れて、

 

押し出すと、反対側からもダイヤが出現

 

1本のスティンの両端にダイヤが現れました。

 

裏面を見せても両端にダイヤがあります。

 

今後はたてに軽く振ると

 

ダイヤが2つ近くに並びました。

 

しかも、ジャンピング・ダイヤの優れているところは、

オチがしっかりとあることです。

この場合のオチは、ルビーが外れしまう現象になります。

 

これだけのルーティンが、2つのステックだけで

できるなら、十分テーブルマジックでは通用する

マジックです。

 

復活するブックマッチ。

今ではあまり目にしなくなりましたが、

昔、喫茶店や居酒屋で、ブックマッチを見つけたら、

けっこう持ち帰っていました。

 

私が初心者の頃覚えたマジックが

この「ブックマジックの復活」でした。

 

現象としては、

ブックマッチから1本紙マッチを取り出して、

火をつけます。

 

マッチの火を消してから、ある技法を使って

燃えてしまったマッチを消してしまいます。

 

ブックマッチを再び開けると、

1本の紙マッチだけが燃え終わった状態で、

元に戻っているという現象です。

ブックマッチが手に入ったら、ぜひお試しください。

 

ハンキーパンキーって面白い名前ですね

このマジックは即席で、簡単にできます。

現象としては、2枚のコインが次々とハンカチの中から

出現するマジックです。

 

まずは、ハンカチを1枚用意します。

 

右手の上にハンカチをかぶせて、

 

左手でハンカチを取ると

 

左手から500円玉コインが出現しました。

 

500円玉を右のポケットに入れて

 

今後は右手から500円玉が出現。

 

この動作を数回繰り返します。

 

このマジックもしっかりとしたオチがあります。

このオチの部分は応用範囲が広がります。

 

デアゴスティーニでメイガスさんは、オチの部分で、

タバコとライターを出現させていました

 

この部分をお好きなアイテムに変えることができます。

 

たとえば、レストランで食事を終わって、

会計の時間になったときは、

コインから最後はお札を出現させると驚かれることと思います

あなたがいるシチュエーションに会わせたものを

出現させることができます。

 

デアゴスティーニ ザ・マジック感想一覧に戻る

 

いかがでしたでしょうか?今回は、ジャンピング・ダイヤの基本動作であるパドルムーブをぜひともマスターさせてください。また、即席マジックとしては、ハンキーパンキーを覚えておくと、とっさにマジックを見せるときでも対応することができます。

 

-デアゴスティーニ ザ・マジックの評判は
-, , , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2020 All Rights Reserved.