マジックの簡単な種明かしと手品のやり方をおぼえて人気者になる方法 週末マジシャン・バッザの「手品の種明かし大辞典」~簡単マジックのトリック種明かし~

手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし

デアゴスティーニ ザ・マジックのレビュー

デアゴスティーニ ザ・マジック第12号のシルクマジックは大人数の前でも使えます。

投稿日:

デアゴスティーニ ザ・マジック第12号の内容を紹介をします。

デアゴスティーニ ザ・マジック第12号

 

第12号には、45cmサイズのシルク2枚がついてきました。

45cmシルク2枚がついてきた

 

今回の内容な、20世紀シルク、イモーショナルリアクション、4エースの3種類のマジック

のほか、コインマジックのテクニックとカードマジックで使われるテクニックが

メイガスさんによってレクチャーされています。

デアゴスティーニ ザ・マジック第12号のDVD

 

今回のコインマジックの技法は、クラシックパームです。

デアゴスティーニ ザ・マジック第2号では、フィンガーパームを学びました。

 

今回は、クラシックパームです。

クラシックパームはコインマジックの中での、基本中の基本の技法です。

手の中央あたりでコインを保持する方法です。

クラシックパーム

この保持している時に、手に力が入らないようにしなければなりません。大切なのはリラックスすることです。

 

指の動かす方向によって、うまく保持できるようになります。

メイガスさんが、そのコツを詳しく解説しています。

 

今まで、しっかりとクラシックパームを学んだことがなかったのですが、今回、そのコツを知ることができました。

今まで、このクラシックパームで相手に気づかれたことがなかったのです、あまり気にしないで、なんとなく行っていました。

ですが、デアゴスティーニ ザ・マジック第12号のDVDの解説を見て、改めて、より確実に保持する方法を学びました。

コインマジックを披露する際には、気を付けて行っていきたいと思います。

 

コインを保持するクラシックパームに慣れてくると、指先にコインを持った状態から、

コインマジック

 

クラシックパームに持っていく方法を学んでいきます。

 

次は、カードマジックの技法です。

カードマジックの基本技法では、シークレットアディションを学びます。

トランプマジック

この技法は、カードマジックでは、とても良く使われる技法です。

密かに、カードを追加させる方法です。

以前学んだ、ブレイクという技法も連動して使います。

このシークレットアディションを学ぶことよって、4枚のエースが集まるマジックなどができるようになります。

 

次はシルクマジックです。

このシルクマジックは、大人数に前で行うステージマジックでも使えます。

20世紀シルクの解説です。

20世紀シルクは、シルクマジックの名作と言われているもので、

現象を説明していきます。

まず、グラスの中から、

 

レインボーのシルクを取り出します。

 

レイボーのシルクは、胸ポケットに入れておきます。

 

次にテーブルに置いてあった、2枚のシルクの両端を結びます。

 

そのシルクを

 

グラスの中に入れておきます。

 

次に、胸ポケットに入れていたレイボーのシルクを取り出して、手の中で丸めていきます。

 

内ポケットには、ウォンドがあります。

 

丸いめたレインボーのシルクを左手に渡して、

 

右手で内ポケットからウォンドを取り出してきます。そのウォンドでおまじないをかけると・・・

 

左手に持っていたレイボーのシルクは消えてしまいます。

 

グラスに入れた2枚のシルクを取り出した見ると

 

2枚のシルクの間から、レインボーのシルクがつながって出現します。

 

この20世紀シルクは、シルクマジックの中で「最高傑作」と言われています。

非常にウケがよいマジックです。

私は、デアゴマジックで学ぶ前から、ステージで取り入れていました。

それなりにできますが、今回、改めてしっかりと学ぶようにしたいと思います。

メイガスさんは、グラスを使っています。あらかじめ、グラスの中にレイボーシルクを1枚、あらかじめ入れておきます。

そして、グラスの中から、レイボーシルクを取り出すことによって、グラスの中には、何も入っていないことをアピールできるのです。

ちょっとしたコツを知ることができて、勉強になります。

自分は、グラスを持ち歩くことが邪魔になるので、

2枚のシルクを結んだら、そのまま、首の後ろの襟首の中に入れて、演じていました。それはそれでウケますが、次回はグラスを使って演じてみようかと思います。

 

次はカードマジックです。

イモーショナル・リアクションという作品です。

これも有名なカードマジックです。使うのはカード一組。

現象は、相手が選んだカードを当てる、というマジックですが、演出がとても不思議です。

「読心術」という演出を使って行います。

 

相手にカードを持ってもらい、左から右にカードを送っていきます。

 

好きなところで止めてもらいます。仮にスペードの7とします。

 

そのカードを胸に当ててもらいます。

 

右手に持っているカードは、テーブルにおいてもらいます。

 

そして、胸に当てているカードの束をデックの中へ入れます。

 

デックの中に入れるときに、相手の持っているカードの束を一度だけカットをしてもらいます。

 

カットというのは、カードを半分に分けて、上下を入れ替えることです。

そして、カードの束の中に戻します。

 

 

そして、マジシャンはカードを持って、

 

相手の選んだカードを当てることができます。

ここで、読心術のように演出するための演技方法について、メイガスさんが詳しく解説しています。

普通にカードの中から探すのではない演出です。

このマジックの一番の参考になる箇所でした。

この演出があるかないかで、不思議さの度合いが違ってくるかと思います。

 

最後は、「4エース」というカードマジックです。

今回は動画で実演を撮影してみましたので、どんなマジックかご参考ください。


では、画像を使って、現象を説明します。

まず、エースを4枚使ったマジックになります。

最初に、4枚のエースを取り出して、相手に調べてもらいます。

 

次に、エースを4枚、テーブルに並べます。

 

次に、1から4のうち、好きな数字を相手に言ってもらいます。仮に「3」だとします。

 

そうして、右から3枚目のカードを手前に持ってきます。

 

そして、各エースのカードの上に、デックから3枚ずつカードを取り出して、置いていきます。

 

次に、相手側にある3つの山のカードを重ねていきます。

 

集めたカードの一番下は、ハートのエースです。

 

そして、マジシャン側に置いたカードの一番下は、スペードのエースです。

 

おまじないをかけると・・・

 

手前に置いた、4枚のカードがすべてエースになって集まってしまう、という現象です。

 

今回のカードマジックは、なかなか複雑です。

現象としては、最後に4枚のエースが一か所に集まるのですが、ちょっとしたテクニックも使います。

このテクニックは、私は一度も使ったことがなかったので、繰り返しの練習が必要です。

ただ、現象的には、エースが4枚そろうので、ウケるカードマジックだと思います。

練習していつか披露したいと思います。

デアゴスティーニ 週刊ザ・マジック感想一覧に戻る

 

-デアゴスティーニ ザ・マジックのレビュー
-, , , , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2019 All Rights Reserved.