マジックの簡単な種明かしと手品のやり方をおぼえて人気者になる方法 週末マジシャン・バッザの「手品の種明かし大辞典」~簡単マジックのトリック種明かし~

手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし

デアゴスティーニ ザ・マジックのレビュー

デアゴスティーニ ザ・マジック第11号は、トランプマジックの予言のカード

投稿日:

ディアゴスティーニ ザ・マジックの第11号のレビューを紹介します。

第11号で学んだ一部を、動画で撮影してみました。よかったらご参考ください。


現在、ディアゴスティーニ ザ・マジックを定期購読で学んでいます。

今回は、第11号を紹介します。

デアゴスティーニ マジック第11号

 

今回はシルクを消失、予言のカードマジック、塩の消失、タバコの消失などが解説されています。

 

今回はシルクの消失マジックでは、シルクを消失させ基本的なやり方を解説しています。

ディアゴスティーニ ザ・マジックの第2号でつきてきました、ウォンドも使います。

また、第11号では、シルクが付属でついてきました。

今回のシルクは、連インボーシルクです。このシルクは、後々、第12号でも使います。

第12号では、20世紀シルクというマジックを学びます。そのときに使う技法を今回、第11号では学びます。

 

レイボーシルクを消す方法

まずはシルクの基本の消し方から。

 

レインボーシルクを手に丸めていきます。シルクは右手に持っています。

 

そして、ジャケットの内側を見ますと、ウォンドが入っています。
そのウォンドを使います。

 

シルクを左手に持って、ジャケットの内側のウォンドを持ってきます。

 

ウォンドを使って、左手を軽くたたくと、

 

シルクは消えてしまいました。

これが、シルクの基本消失のやり方です。

シルクの丸め方、ジャケットからウォンドを取り出す時の体、手の動き、そしてどのよう思いをもって、この動作を行うかなど、メイガスさんが丁寧にレクチャ―しています。

基本とはいえ、あらためて、消失のやり方を学ぶことができました。

トランプマジック 4枚の予言

次はカードマジックです。

このカードマジックは、「4枚の予言」というトランプを使ったマジックです。

予言をするのは、1枚のカードだけかと思っていたら、実は、4枚のカードが予言されていた、という現象です。

4枚すべてそろったときの見栄えが良いです。

不思議と思うことと、きれいだという印象を持たせることができます。

使うカードは、DVDと同じやはりキングのカードを使うとよいでしょう。それは見栄えが派手でそして、そろった状態がきれいに見えるからです。

どんな現象か紹介します。

トランプデック1組を、シャッフルします。

そして、マジシャンは1枚のカードを取り出します。これが予言のカードです。

 

次に、トランプデックを一組置いた状態で、お客さんに、好きなところで2組に分けてもらいます。

 

分けたところで、カードをクロスで重ねます。

 

あなたが分けてもらったところのカードです、と言って、重ねたところから、1枚カードを取り出します。

 

次にそのカードを、トランプの適当なところに入れてもらいます。

 

途中まで入れた状態から、そのカードを表向きにします。

すると、キングのカードでした。

 

次にあらかじめ1枚テーブルに置いてあった、カードを見ると、キングでした。
予言のカードが一致しています。

 

さらに、キングの両端に挟まれいた2枚のカードを見ると、

 

キングでした。

予言のカードが4枚そろいました。

 

塩が手の中で消えるマジック

次に古典マジックです

。ディアゴスティーニ ザ・マジック第10号で付属していた、ギミックを使います。
「消える塩」というタイトルのマジックです。

我が家にはソルトシェイカーはなかったので、シュガースティックを使います。
一応お皿も用意しています。あと、ナプキンを使います。

シュガースティックを取り出し、左の手の中にシュガーを注ぎます。

 

そして、左手をひらくと、

 

シュガーは消えています。

 

ナプキンを取り出して、丸めます。

 

すると丸めたナプキンの中から、シュガーが現れました。

 

タバコの消失マジック

タバコを用意します。

私はタバコは吸わないので、 火はつけません。実際にはタバコに火をつけて行います。

タバコを左手の手の中へ入れます。

 

しっかりと押しんでいき・・・

 

左手を広げると、タバコは消えてしまいます。

ソルトやシュガーは実際に行う場合には、散らかしたり汚したりする可能性がありますので、あまり使う機会はないかもしれません。

タバコも私自身が吸わないので、このマジックも披露する機会はないかもしれません。

また、タバコを消すマジックはとても注意が必要です。火を扱うので気を付けなければなりません。

以前、スナックでこの火のついたタバコを消すマジックを見せたのですが、最後に消えたタバコを見せてあげないと、お店の方が不安になります。

マジシャンは、タバコを消してどこにあるかは分かっていますが、お店の人にとっては、タバコに火がついたまま、そのへんに置かれては、心配になります。

そうなるとマジックどころではありません。

そんなこともあり、それ以来、火がついたタバコを消すマジックは、私はやらないようにしています。

ただ、どれもマジックの基本ですので、数回、試してみるのもよいかもしれません。

特に、現象そのものよりも、ギミックをどのように使うか、ということを学ぶための良い機会だと思います。

デアゴスティーニ 週刊ザ・マジック感想一覧に戻る

-デアゴスティーニ ザ・マジックのレビュー
-, , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2019 All Rights Reserved.