トップ > 本、DVD、グッズの紹介 > マキシマムエンターテイメント 演技の本

 

あなたのマジック!不思議だけど、つまらない・・・と言われないために

マキシマム・エンターテイメント マジック演技の本

お願いがあるのですが・・・

エンターテイメントとしての

マジックを本気で習得したいのであれば

この本を、ぜひ手元においてくれませんか?

 

マキシマム・エンターテインメント

 

そして、じっくりと読んみてもらえませんか

 

なぜなら、もうこれ以上、

自慢するためだけの、マジックを見せる人を増やしたくないからです

 

見ている相手を楽しませることを考えずに、

ただ自己満足のマジックだけを見せるマジシャンを撲滅したいからです

 

あなたは、友人であったり、だれか他の人のマジックを見たことがありますか?

そのとき、どんな感想をいだきましたか?

 

すごい上手で、トークも面白く、また見たいと思いましたか?

 

それとも、

「なんだ?コイツ!たしかにマジックは不思議で分からないけど、

なんか、自慢ばかりしやがって、相手を小バカにしているように感じる」

 

「まだ、見せつづけるつもりか?もう、おなかいっぱいなんだよ」

 

「不思議だったけど、お前のつまらないマジックはもう二度と見たくないんだよ」

 

あなたは、こんな感情を抱いた経験はないですか

 

そして、あなたは大丈夫ですか?

 

あなたはマジックを見せて、相手に上記のように思われていませんか?

 

マジックは、自分を自慢するための道具でないです。

相手を楽しませるための道具なのです。

 

そして、日常においては、 良好なコミュニケーションをとるために

使われるべきなのです。

 

たとえアマチュアのマジシャンであっても、

マジックを使うのあれば、徹底的に相手のことを考え、

エンターテイメントにこだわるべきなのです。

 

エンターテイメントの基本は、相手を楽しませることです。

 

ただ、このエンターテイメトを習得するには

何を参考にすればよいでしょうか?

 

それは、テレビに出演するプロマジシャンであったり、

あなたがお気に入りのマジシャンの雰囲気や見せ方、

トークを参考にするのもよいでしょう。

 

テレビに登場するマジシャンは、

テレビを見ている人を楽しませることができなければ

テレビに出演することはできないでしょう。

 

また、あなたが気に入ったマジシャンであれば、

少なくとも、マジシャン本人ではなく、観客である、あ・な・た

を楽しませてくれるマジシャンということになりますから、

やはりエンターテイメトに徹しているという

ことになります。

 

そして、マジシャンとして基本となるエンターテイメント

体型的に学びたいのであれば、

この本をオススメします。

 

マキシマム・エンターテインメント

マキシマム・エンターテイメントは、

マジックの演技のための教科書です。

 

マジックの本といえば、単なるマジックの種明かしや

やり方を寄せ集めた本が氾濫する中、

この本はマジック本の中でも異質です。

 

なぜなら、この本には、マジックの種明かしが書かれているのではなく、

マジックにおける、心構え、見せ方、演技のやり方、セリフ、練習方法、準備等について、

書かれているのです。

 

言ってみれば、マジックに関するエンターテイメントにこだわった

演技全般の教科書であるといえる本です。

 

 

この本を何度も読み、実践していくことによって、

まず初めに、マジックに対する心構えが違ってきます。

 

徹底的にエンターテイメントにこだわり

いかに、相手を喜ばせることできるか、をいつも考えるようになります。

 

そして、練習することに意欲的になることと思います。

 

また、マジックの演出に妥協しなくなることでしょう。


おそらく、あなたは、ただマジックだけができる、他のマジシャンとは違い、

「面白い!」、「また見てみたい!」

と言われ続けるマジシャンに変わっていくことと思います。

 

今スグとはいいませんが、あなたが、この教科書に書かれていることを

少しずつでも実行していくことによって、

今のこの現実とは違う未来が待っているかもしれません。

 

 

ただ、この本は、マジックの種明かし本とは違うため、

マジックのやり方が紹介されているわけではありません

 

マキシマム・エンターテイメント 感想

あくまで、どのように効果的に、

お客さんに見せるか、

 

どんな練習をして、どんな準備をしていくか、

ということが紹介されています。

 

また、イラストはなく、

びっしり文字だけが書かれていますので

読み続けていくのに根気がいるかもしれません。

 

でも、書かれている内容が、マジックに関することばかりですので、

少なくともマジックに興味を持っているあなたであれば、

どんどんと読み進めていけるのではないでしょうか?

 

また、値段に関しても、通常のビジネス本よりは、

少々、高めかと思います。

ただ、子ども向けでない、一般的なマジック本というジャンルに関していえば、

妥当な金額かと、私は思います。

 

この本の内容を理解し、実践し続けることによって、

あなたの演技が、ただマジックで自慢している他の人よりは、

はるかに見せ方や演技が違ってくるでしょう

 

エンターテイメントに関する心構えがしっかりと芽生え、

あなたのマジックを、「また、見たい!」と思う人が増えてくることを

考えれば、金額よりもはるかに価値ある本だと確信しています。


ぜひ、手元において読んでいただけませんか?

 

マキシマム・エンターテインメント

 

このままでいいのでしょうか?

マジックで、これ以上、不快な思いをする人を増やしつづけても・・・

 

あなたのマジック演技が、これから良い方向に改善されていく

未来のことを考えると、今からドキドキしてきませんか?

 

マキシマム・エンターテインメント