トップ > 本、DVD、グッズの紹介 > 紙袋から小さな箱が出てくる手品

 

高齢者にオススメする簡単手品は・・・

2018年12月29日放送の

爆笑!明石家さんまのご長寿グランプリ 2018

を見ていたら、

70歳過ぎのおばあちゃん

手品を披露しているシーンが放送されていました。

 

その披露していたマジックは、

紙の中から、小さな箱を取り出すという現象でした。


出てきた小さな箱には、両端に紐がついていて、

紐をひっぱり上げることによって、

 

その箱が吊り上ってくるうように

出てくる手品です。

 

 

その箱は透明で、中には、紙でできたお花のように見えるものが、

2つ程入っていました。

このお花はミリオンフラワーといいます。

 

 

スタジオで、その手品を見ていた、

いとうあさこさんは、

 

手品そのものには、拍手をしていた

ものの、紙袋の中から出てきた箱を見て、

「あれは、いったい何?」と叫び、

 

スタジオの笑いを誘っていました。

 

空の紙袋から、小さな箱がいくつもでてくる

手品は、

マジックグッズで有名な「ドリームバッグ

という手品用品です。

 

 

ドリームバックは、手品用品としては、

定番中の定番で、とても有名なネタです

 

テレビでも、おばあちゃんが、そのドリームバックを

使って、マジックを披露していました。

 

 

現象としては、紙袋の中は空であることを、

見せてから、おまじないをかけると、

紐のついた小さな箱がでてきます。

 

連続で、2~3個ほどの小さな箱がでてきます。

 

その箱の名称は、私も分かりません

「花箱」とでもいうのでしょうか?

 

とにかく、現象としては、

紙袋が空だと見せてから、2個~3個の箱が出てくることが不思議ですよ

というマジックなのです。

 

このドリームバックは、主に、高齢者がマジックを

披露するときに、よく使われるネタです。

 

若い人で、ドリームバックを使ったマジックを見せて

いる人はあまり見たことがありません。

 

ですので、それほど手先が器用でなくても簡単に

できるものです。

 

もちろん、最低限の練習は必要ですが、

ドリームバックは簡単にマジックができて、

 

しかも、現象がとてもわかりやすので、観客にとっても

何が起こっているか、理解しやすいです。


ただし、「紙袋から出てくる箱は何?」

って疑問は持たれるかもしれませんが・・・(笑)

 

現象が分かりやすいので、たとえばグループホーム

など、施設などで、マジックを披露する場合などには

とても有効かと思います。


もしも、高齢者の方で、これからマジックをはじめたい

思っている方にとっても、扱いやすい道具ですので

オススメです。

 

そのほか、小学生以下の小さな子どもにも

現象が分かりやすく喜ばれるかと思います。

 

それ以外の年代ですと、いかにも紙袋に

何か入っているとしか思われないかもしれません。

 

私は、このドリームバックは使ったことはありません

 

いかにも「手品」という印象が強すぎるため、

自分のキャラクターにも合わないと思っているからです。


高齢者にとってこれから手品をはじめてみたい、

と思っている方で、

 

見せる相手が、小学生以下の小さな子どもか、

または、同じ高齢者の方に見せるのであれば、

使えるマジックグッズだと思います。

 

 

また、宴会の余興などでも、本格的なマジックを見せるというよりは、

ちょっとベタだけど手品しまーす!」的な軽いノリの場面では、

笑いをとりながら披露するのはアリかと思いますよ。

 

そして、紙袋からでてきた、小さな箱を見せて、

「それはいったい何?」と突っ込みを入れてもらうのでしたら、

盛り上がることと思います。


有名なマジックですので、マジックショップでは

大抵、販売されています。

 

値段はピンきりです。造りや出てくる箱の数によっても

価格は違います。


マジックショップで購入するには敷居が高いと思う人は、

amazonでも販売されています。

お試しで使ってみる場合は、良いかもしれません。

 

紙袋と花箱のドリームバックを見てみる