手品グッズ、本の紹介

新子景視のトランプマジック、ネタがバレる前に1回でやめること

更新日:

新子景視のトランプマジック、ネタバレ前に1回でやめること

新子景視さんが見せたブレイダイブのトランプマジックを紹介します。

 

ただし、このマジックは、何度も見せるとネタバレになる可能性も出てきます。

同じ人に見せるのは一度だけにしておきましょう。

だけど、スゴいトランプマジックです。

2016年4月1日放送の白熱ライブ ビビットに、新子景視さんが登場。

この日は5種類ほどのブレインダイブを披露しました。

最後のマジックはトランプを使ったブレインダイブでした。

 

タイトルは「ビビッドインパクト」という、このテレビ番組のためにつけたようなタイトル。

どんな現象だったかというと、真矢みきさんにと国分太一さんにそれぞれに、マークと数字をイメージしてもらい、

そのカードを言ってもらいました。

そのカードがハートの5であった。

そして、新子さんは、トランプのケースからトランプの束を取り出し、表面を見せました。

1枚のカードのみが、裏返っていたのです。そのカードがハートの5でした

新子景視のブレイダイブ ハートの5

 

トランプの箱の中にある1枚だけ裏返したカードを言い当てたのでした

テレビ出演していたゲストたちも驚いていました。

これは一般的にアマチュアからプロマジシャンもよく取り入れている有名なトランプマジックです。

【トランプ】バイスクル インビジブル 赤

新子景視さんが見せた現象と同じです。

私としては、新子景視さんがこのトランプマジックをテレビで見せてくれて、手順や見せ方がとても参考になりました。

このマジックを見せた後に、あなたも

これがブレイダイブです!なんて言ってみたいですよね。

 

このトランプマジックは手順が単純であり、相手の思ったカード1枚を当てることになるのでとてもシンプルな現象です。

シンプルだからこそ、相手にとてつもないインパクトを与えます

まさに、新子景視さんが、「ビビットインパクト」というタイトルをつけたという点ではピッタリの現象でありました。

このマジックのやり方は、簡単とは言えないが、それほど難しいとも言い難いです。

ただし、スムーズにできなければならない

当然、練習は必要である。

カードの扱い方もそうだが、それなりに頭も使う。

不思議さを演出するためには、スムーズに時間をかけずにカードを見せることにある。

ただし、成功すれば、相手にスゴい驚きやインパクトを与えることができる

 

私は、ビビットライブで演じたこの新子景視さんのトランプマジックを見て、久しぶりに同じマジックを妻に見せた。

やはりとても本当に驚いていた。

しかし、ここで注意しなければならないことがある。

とてもインパクトがあるため、相手は「もう一回やって」と言ってくる可能性が非常に高いマジックでもある、ということです。

私の場合は身内だから、3回くらい見せた。

すると、やはりなんとなく違和感に気づかれてしまった。

完全に種がバレてしまったというわけではないが、数回、同じ人に見せてしまうと、なにか違和感を感じさせてしまい、ネタバレされる可能性もでてくる。

観客が驚いて、相手からは「もう一度見せて!」と言われるでしょう。

あなたは良い気分になって、「称賛を浴びたい」、「優越感に浸りたい」という誘惑にかられ、「もう一度見せてもいいかな」、という気持ちになるかもしれない。

しかし、ここは、その誘惑に打ち勝ち、同じ人に見せるのは1回だけにしたほうが良いでしょう。

-手品グッズ、本の紹介
-, , , , , ,

Copyright© 手品の種明かし大辞典|簡単マジックのトリック種明かし , 2019 All Rights Reserved.