トップ > 本、DVDの紹介 > マジック見せるきっかけに

 

マジックを見せる、きっかけづくりにこの話題

マジックを見せるきっかけで、

悩んだことはありませんか?

 

どのタイミングでマジックを

見せようか?

 

飲み会なんかでも、せっかく別の話題で

盛り上がっているところを、

さえぎって、いきなり自分から「マジック見せます!」

なんて言ったら、最悪ですよね。

 

「今話盛り上がってのに邪魔するなよ」

「どうせヘタなマジック見せられて、変な空気にしてしまうんだろう」

 

なんて思われると、あなたがマジックを見せたとしてもヤジられて

終わります。

 

最悪なのは種明かしばかり強要されてしまうってこと。

 

一番良いパターンは、第3者から「彼、マジックできるんだよ」

「見てみない?」というフリがあって、

 

「じゃ、ちょっとだけ見せるかい?」

なんて流れが最適なんです。

 

 

先日、友人に飲み会を誘われたときのことです。

 

全員で8名ほどいたのですが、私は、友人以外、残りの6名は

初対面です。

 

もちろん初対面なので私がマジックをやることも

知りません。

 

飲み会が始まる前に、友人から

「今日來る人たちをマジックで驚かせてほしい」

というリクエストがあったのです。

 

そこで、

飲み会の途中で、私の友人が

「彼はマジックできるんだよ」というフリを

入れてくれることになっていたのです。

 

しかし、飲み会がはじまって90分以上経過しても

一向に、友人がマジックの話題を入れてくれる気配がなかったのだ。

 

完全に忘れているのか、自分の話がもりあがっていて、

流れを止めたくなかったようだった。

 

「今日はマジック見せるの無しで終わるかな・・・」

と私が思っていたとき、ある話題になった。

 

そこからマジックを見せることにつながったのだった。

 

そのある話題とは何か?

それは「占い」だったのです。

私は、この本を読んで、ちょっとした知識を頭に入れていました。

占い本なぜ春はこない

なぜ春はこない?

 

占いと言っても本格的な占いではなく、

ビジネスでも使われている

「春夏秋冬理論」なんです。

 

この本で書かれていることは、

人生を12年周期で考えて

それを4当分する。

 

それぞれ、春夏秋冬が3年ごとに

うつり変わっている。

 

「春の3年間は、今はこのような季節だから、こんなふうにするとよい」

なんて、アドバイスができる。

 

占いよりも実用的だと思います。

 

それに、それぞれの季節を覚えるのが難しくないので

ちょっとした話題に最適だったのです。

(以前私はタロット占いを覚えようとしたけど、覚えることが多くて

挫折した経験があります)

 

そんな、占いの話題で盛り上がったところで、

私の友人が、「彼は占いだけけでなく、マジックもできるんだよ」

と、やっとパスを出してくれたのでした。

 

そこから、やっとマジックな世界へと引き込むことが

できたのです。

なぜ春はこない

そのなことからも、

「マジックの導入前には、占いの話題もアリだな」

と思うようになったのです。

 

ちょっとした占いの知識を

頭に入れておくと

マジックにつなげるときに

とても役立ちます。

 

amazonで詳細を見るにはコチラ

なぜ春はこない?

 

いろいろな関連本が出版されているんですね。

春夏秋冬理論